2010年05月28日

発電所トンネル、発破後の落石で作業員死亡(読売新聞)

 21日午前10時55分頃、岐阜県揖斐川町鶴見、中部電力徳山ダム発電所の工事現場にあるトンネル内で落石事故があり、巻き込まれた作業員山口優也さん(26)が間もなく死亡した。

 県警揖斐署の発表によると、トンネルは工事車両などの通路として掘削が進められており、落石は発破作業後に発生。

 数個の石が落下し、このうち直径約1メートル、重さ約200キロの石が山口さんを直撃したとみられる。

 現場はトンネル入り口から約350メートルの地点。一緒に作業していた5人にけがはなかった。同署が当時の状況を調べている。

聴覚障害の補充裁判員、「支障なかった」(読売新聞)
<訃報>前衛美術評論の草分け、針生一郎さん84歳(毎日新聞)
チラシ無償で20万枚…亡き子思い捜査協力(読売新聞)
特定外来生物 オオキンケイギク増殖 木曽川流域(毎日新聞)
トラウマ、脳に影響 性的虐待8割に解離性障害(産経新聞)
posted by セトグチ ショウイチ at 16:13
"発電所トンネル、発破後の落石で作業員死亡(読売新聞)"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。